SMBCモビットに落ちた、審査落ちの主な4つの特徴

SMBCモビットに落ちた、審査落ちの主な4つの特徴

「SMBCモビットに申し込んだけど、審査に落ちてしまった!!」

 

SMBCモビットに限りませんが、消費者金融の審査に不合格となった場合、その理由については明確に知ることができません。単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけで、その理由を聞いても教えてはくれません。

 

しかし、審査に不合格となるには、なんらかの理由があるはずです。主な審査落ちの理由を4点挙げてみました。自分はこのような特徴に当てはまっていませんか。一度確認してみましょう。

 

勤続年数が短い

SMBCモビットの審査では「勤続年数1年以上」がひとつのポイントとなっているようです。

 

ここでいう「勤続年数」とは、同じ会社で勤めている年数を指します。収入自体は多くても転職を繰り返しており、同じ会社の在籍年数が少ない方は、審査でも不利となります。

 

逆に、派遣社員・アルバイト・パートの方でも、勤続年数が長ければある程度の金額を借りることも十分可能でしょう。

 

個人情報に傷がある

いわゆる「ブラック」の状態の方です。過去に金融事故(長期延滞や自己破産など)を引き起こしている方は、まず審査に合格できません。

 

個人情報の事故情報は一度記録されてしまうと、5年以上消えずに残ってしまいます。この期間は審査に合格できる可能性はまずありません。

 

またSMBCモビットは三井住友銀行グループに属しています。

 

三井住友銀行グループ間での個人情報が共有されている可能性も考えなくてはいけません。つまり過去に三井住友銀行グループの金融機関で金融事故を引き起こしている方は、その情報も共有されている可能性が高いのです。

 

さらにSMBCモビットが事業継承を受けた「エム・ユー信用保証株式会社」が保証会社となっている地方銀行カードローンなどでも同様のことがいえますので注意しましょう。

 

借入件数が多い

SMBCモビットでは、他社の借入状況が審査に大きな影響を与えます。借入金額自体は少なくても、多くの先でキャッシングを利用されている方は、審査で不利とされています。

 

細かな借入をいくつも利用している方は、それだけ「高額融資を利用できない」と判断されてしまうのです。

 

せいぜい3社程度が限度であるといえるでしょう。

 

またSMBCモビットは「総量規制」の対象となっていますので、他社の借入を含めて年収の3分の1以上の申込はできません。申込の段階で年収の3分の1以上の借入をすでに他社で利用している方は、当然審査に合格できません。

 

申込内容に虚偽・間違いがある

どうしても借りたい気持ちが強いためでしょうか。申込内容に嘘の申告を行ってしまう方も多いようです。収入を多く申告したり、他社の借入を少なく申告してしまう方も多いようですが、このような嘘はすぐにばれてしまいます。

 

審査担当者は金融のプロですので、素人がついた嘘はすぐに見抜かれてしまいます。あなたは嘘をついた方を信頼できますか?

 

金銭契約はお互いの信頼関係が重要です。仮に嘘をつかなくても十分審査に合格できるような場合でも、その嘘が致命傷となって結果不合格となってしまいます。

 

申込内容の単純な間違いも意外と多いようです。

 

とくにインターネットからの申込、「Web完結」では単純な入力ミスも多いと報告されています。紙に直接記入する申込では書き直すのも大変ですので慎重になりますが、Web完結のようにパソコンから入力するものは訂正も簡単で間違いやすいという、人間の心理状況も影響しているのでしょう。

 

とくに忙しい方、早く借りたい方ほど、申込内容に間違いのないように慎重に手続きを行いましょう。