SMBCモビットはどのように解約するの?

SMBCモビットはどのように解約するの?

カードローンは一度完済したからといって契約が解除されるわけではありません。契約解除、つまり「解約」の手続きを行わなければ、借入残高が0であっても再度借入限度額の範囲内で何度も借入することができます。

 

この点がカードローンの大きな特徴のひとつなのですが、油断していると解約手続きを行わないカードローンを何枚も保有するという状況にもなりかねませんカードローンを完済した後は、以後解約するかどうかを考えるようにしましょう。

 

SMBCモビットの解約手続き

SMBCモビットを解約する手続きは、非常に簡単です。以下に解約の手続きの流れを説明します。

 

フリーダイヤルに連絡

まずはSMBCモビットのフリーダイヤルに電話をかけます。フリーダイヤルですので、通話料は発生しません。音声ガイダンスに従い操作を行います。

 

「その他の問い合わせ」を選択するとオペレーターにつながりますので、解約する旨を伝えましょう。

 

会員登録・借入状況・解約理由などが質問されますので、答えていきます。質問が終了すれば、登録の住所に解約関係の書類が発送されます。引っ越しなどを行って住所が変わっている場合は、必ず伝えるようにしましょう。

 

書類を返送

電話から約1週間で、SMBCモビットから解約関係の書類が到着します。書類の受け取り時間なども対応可能のケースもありますので、オペレーターに伝えるようにしましょう。

 

必要事項を記入して返送すれば、解約手続きが完了します。

 

解約手続きをすべて完了させるには最低でも1週間以上は必要となります。住宅ローン申請などで解約を急ぐ場合は、日数に余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

 

解約時の注意点

借入金を完済すれば、個々の状況で解約を検討しましょう。解約しないでそのまま放置すれば、不要な借入を行ってしまうかもしれません。そうなると余計な利息負担も発生してしまいます。

 

解約することで、気軽な借入ができなくなり、多重債務に陥る危険性も低くなります。

 

また住宅ローンなどの他のローンを申し込む際には、審査に影響を与えることも考えられます。借入残高が0であっても、借入限度額が残っている以上、返済負担が発生する可能性があると判断されてしまいます。

 

 

SMBCモビットでは完済から2年程度経過すると、契約自体が強制解除されるようですが、不要となった段階で解約することを忘れないようにしましょう。


 

ただし解約してしまうと、再度借入するには、初めから申込を行い審査に合格する必要があります。当然審査に必ず合格するとは限りませんので、よく考えて解約するようにしましょう。